あなたは何を求めて美容室へ行きますか?施術の費用と時間から考えてみましょう

>

カラーリングは薬剤や方法等で費用と時間に若干の差がある

染め方と薬剤の種類で違いが出るヘアカラー

ヘアカラーと一口で言っても、何かと進化しており非常に種類が多様になっています。
近年は、単なる白髪染めだけではなく、おしゃれに髪を色を変化させる方法から外国人のような髪に出来る技術も増えてきました。

白髪染めであれば、色の抜けてきた髪に色を加えていくため、単色で染めることも可能でしょうが、問題は健康に自分の髪を色があるのに、別な色に染めたい場合です。
そうなると一度自分の髪の色を抜いて、自分好みのカラーを頭髪に入れ込んでいくわけですから、時間もだいぶかかることが分かっていただけるかと思います。
基本的にカラーリングの所要時間は1時間30分程度必要だと言われています。

このことを考えると、手間や薬剤がかかりますので、単純なカラーリングは7000円前後、グラデーションカラーでは10000円~13000円 メッシュカラーも部分的は3000円程度ですが、全体だと10000円程のようです。

安価なカラーリング施術の場合、注意する点

正直、カット同様、破格の安さでカラーリングをしてくれる美容室を見つけたとします。
ある程度の口コミで、色落ちが早いだの、髪のダメージが半端ないといった投稿内容がある場合には、いくら安くても、結局は何度もカラーリングをしなければならなくなったり、使用した薬剤が刺激が強すぎて、髪のダメージが酷くなる場合だと、今後のカラーリング後の仕上げにも問題が起こってきます。

また、カラーリングの料金が安い場合、トリートメントが別料金となる場合が考えられるため、料金には何が含まれるのか、よくお話しをうかがって決めるべきでしょう。
安いことが全て悪いわけではありませんが、技術や薬剤などを考えると、安すぎるもには何らかのカラクリがあるものです。
カラーリングの後にも、健康で健やかな自分の頭髪を維持する為にも、ある程度の施術量は覚悟した方が良いようです。


この記事をシェアする